さらまんす日記

ポケモンダブルトリプルポケとるなど

【WCS2017】追い風トリルエルフーン軸スイッチ

そうだ!オフに出よう!

と思ったのが先月くらいでその時一番近いオフを探したらバトルロードグロリアだった。

バトルロードグロリアってなんか強そうな人いっぱいいそうだなぁ...

一人で行くの怖いなあ...

と思ったので一緒に参加してくれる人を探すことにした。

同期には一緒に行ってくれそうな人がおらずどうしようと思っていたらWCSやってくれそうな後輩がいた↓

f:id:seryu199:20170215163431j:plain

※画像はイメージです

僕「グロリアでない?」

後輩「モモカー モモカー」

f:id:seryu199:20170215163851j:plain

...

なんやかんやあって一緒に出てくれることになった

 

その頃二人とも追い風エルフーンを軸にパーティーを組んでいてどうせなら一緒に組もうということに

追い風軸で最も辛いのがトリパで特にエルフーンの挑発で止まらないメンハミミッキュ始動トリパだという話が出ていた。

さらにエルフーンの挑発は相手依存であるので挑発を打っている間にエルフーンに集中されて1ターン目にエルフーンが倒されてしまうともうリカバリーがきかなくなってしまう。というわけである程度トリックルームにも対応できるように構築を組み替えた。基本的には

EMOLGAME : 【WCSレート2018最終5位 2ロム2000達成】葉緑素エルフーン+カプ・テテフ

を参考にしている。

f:id:seryu199:20170215170710g:plain  f:id:seryu199:20170215170719g:plain f:id:seryu199:20170215170737g:plain

f:id:seryu199:20170215170751g:plainf:id:seryu199:20170215170800g:plainf:id:seryu199:20170215170801g:plain

 

ポケモン

 

技1

技2 

技3

技4

持ち物

エルフーン

ムーンフォース

噓泣き

追い風

トリックルーム

気合の襷

カプ・テテフ

サイコキネシス

ムーンフォース

マジカルシャイン

守る

命の珠

ガブリアス

地震

炎の牙

岩雪崩

ダブルチョップ

拘りスカーフ

ウインディ

燃え尽きる

バークアウト

鬼火

守る

ホノオZ

テッカグヤ

ラスターカノン

火炎放射

エアスラッシュ

ギガドレイン

突撃チョッキ

ギガイアス

ストーンエッジ

岩雪崩

地震

守る

イワZ

 

エルフーン HdS 167-x-105-97-101-179 葉緑素

今回の構築の肝。Sを若干Dに割くことでキュウコンの吹雪+1/16×2くらいまで耐えるようになる。最初は遅くすることも考えたが結局追い風下で相手の上から嘘泣きを入れらなければならないこととガブリアスの上からムーンフォースが打てないので110族抜きまでSを振った。

 

カプ・テテフ hCs 165-x-96-200-136-127

追い風下でスカガブの上を取れるところまでSを振った。ベトベトンやポリ2などのめんどくさいポケモンに対して嘘泣き+サイキネorムンフォするのは非常に強い。テッカグヤにも半分強のダメージが入る。耐久に割いたことで無振りなら倒されているところをミリ耐えするといったことも多かった気がした。

 

ガブリアス hAS 189-200-116-x-106-148 鮫肌

準速テテフ抜き。火力はぶっぱ。ダブルチョップは個人的に推していきたい技でドーブルとかフェローチェとかのタスキを貫通できるので強いと思う。最初はジメンZにしていたがガブカグヤで並んでも結局最後追い風切れてコケコに詰められることが多くスカーフになった。

 

ウインディ hcs 181-x-100-148-100-149 威嚇

 準速テテフ+2。テッカグヤの処理速度を上げるのとミミッキュカビゴンに対する駒。嘘泣き+ダイナミックフルフレイムベトベトンを倒せる。威嚇を嫌って特殊型にしたが燃え尽きるだとテッカグヤに普通に耐えられるので物理型のほうがいいと思った。

 

テッカグヤ hCs 185-x-123-174-121-101

追い風下でコケコ抜き。C特化してもなお嘘泣きのサポートがないと火力に物足りなさを感じた。ウインディと対面したときに守ってガブリアスギガイアスを隣に投げる動きもしたいと感じたのでチョッキをなんかZクリスタルにしてもいいのではないかと思った。とはいえどの技も打つ相手がいるので悩ましいところ。

 

ギガイアス HA 191-205-150-x-102-27 砂起こし

最強のトリルアタッカー。エルフーンのトリルから暴れるだけ。

 

~選出と立ち回り~

基本的にはエルフーン+テテフ

テッカグヤガブリアスorギガイアス

追い風で行くならガブリアス、トリルで行くならギガイアスを出す。相手がコケコ+スカガブのような前のめりな並びで来るようであれば初手ガブリアスミミッキュカビゴンが見えていればウインディエルフーンを出していくといった感じ。

初手追い風orトリルのS操作から相手を一気に制圧していくのが目標。

キュウコン初手に対してはトリル+テテフバックギガイアスが最も安定する。

エルフーンを最後まで残していく立ち回りは強力で終盤の嘘泣きやS操作、それに伴うヘイトがとても強い。(最近はそもそもエルフーンに対するヘイトが異常に高く最後まで残ることはまず無いが)

追い風が切れるまでにテッカグヤのビーストブーストをどれだけ発動させられるかが鍵であると感じた。S操作が切れた時にスカガブとC+1テッカグヤが並んでいれば基本的に負けないと思う。

 

~雑感~

とにかく最近のエルフーンに対する風当たりが非常に強いのでキツイ。トリックルームを貼ろうとしてもエルフーンが集中砲火を浴びたりして1手目で試合が決まってしまうなんてこともあったりした。いかにしてエルフーンじゃないほうに攻撃が行くようにすべきかを考えなければならず、非常に丁寧なプレイングが求められていた。

ただ、バトルロードグロリアのBO3形式には非常によくあっている構築であると感じた。1試合目にトリックルームを貼り、2試合目に相手が低速に寄った選出をしたら追い風から制圧するといった動きができ実際それで勝利をつかんだ試合も多くあった。結局グロリアは4-3で予選落ちという結果で終わってしまったが負けた2試合がスカガブの岩雪崩で怯んだものやグレイシアの雪がくれが一生発動し続けたりといったものだったので悔しさは残るがそこそこは勝てるパーティーなのだと感じた。しかし、エルフーンへのヘイトが和らがない以上この構築を使い続けるのはなかなか難しくひとまず解散することにした。

 

それにしてもテテフは最近シングルレートとダブルレートで使用率1位になり、カードでもめちゃくちゃ強いテキストが公開されてシェイミを超える価格になることが予想されていて時代が来てるって感じですね。あのPGLに載ってる両手挙げてるテテフかわいい。WCSでは現在5位ですが今後どうなっていくか見ものですね。あと2年後のGSでも強いみたいな話を聞くのでそれにも注目していきたいと思います。

 

WCS本番まで時間が無くなってきていて焦り始めています。春休み中になんとかまともな構築を組みたい。オフでも結果を残していけるように頑張りたいと思います。

 

                                   以上

 

 

 

 

 

 

【WCS2017】ボツ構築集

f:id:seryu199:20170128220412g:plain

 

こいつの名前正確に答えられますか?

 

僕は無理でした。セリューぽけです。

サンムーンに入ってから早数か月、トリプルバトルがなくなりダブルバトルに専念できさらにshowdownというツールを知ってからパソコンを開くといつの間にかSDを開いているという病気にかかり、かなりの数構築を作りました。しかし、環境の変化によって全く勝てなくなった構築もいくつかあり、そいつらのためにここに書き留め、その反省をしていきたいと思います。

 

その1 ギガイアスカビゴン軸トリパ

f:id:seryu199:20170128223948g:plainf:id:seryu199:20170128224018g:plainf:id:seryu199:20170128224038g:plain

f:id:seryu199:20170128224048g:plainf:id:seryu199:20170128224053g:plainf:id:seryu199:20170128224100g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

ギガイアス

岩雪崩

じしん

ロックブラスト

大爆発

拘り鉢巻

ヤレユータン

イカサマ

采配

トリックルーム

守る

オボンのみ

カビゴン

恩返し

10万馬力

のろい

守る

フィラのみ

オニシズクモ

アクアブレイク

吸血

ワイガ

守る

ミズZ

カプ・コケコ

10万ボルト

放電

ボルトチェンジ

マジカルシャイン

拘り眼鏡

ウインディ

フレアドライブ

ワイルドボルト

神速

守る

命の珠

 

 一番最初に作った構築でサンムーンで使いたいポケモンを並べたらこの形になった。基本的には初手ギガイアス+ヤレユータンで並べて大爆発+トリルから入ってギガイアスのところから出てきたカビゴン(特性:厚い脂肪)にのろい+采配で最強カビゴンを作る。ラス1はコケコかウインディを置いておきギガイアスカビゴンで見れないカグヤを殺す。

 鉢巻大爆発の威力はなかなかのもので無振りガブリアスが確定1。初手はトリルか爆発が決まればまあいっかなーという浅はかな動き。相手からしてみれば当然トリルは貼られたくないので大爆発はまず通る。岩が一貫する相手には初手コケコ+ヤレユータンでボルチェン+トリルって押せばいい。その後の采配雪崩も非常に強力で怯み率50%のストーンエッジを両方に飛ばしてる感覚。そりゃ強い...はず。

 

反省点

・カミツルギがハゲ(特に聖剣)

・威嚇多すぎ(特にワルビアルがキツい)

・テッカグヤにカビゴンが宿り木されるとありえない回復量を出してくる

ギガイアスの前でワイガぶっ放してくるオニシズクモとかテッカグヤ

 

改善点

・ガラガラ減ってきたしドレディアコータスの数次第ではカビゴンの厚い脂肪→免疫でもいいかも。カミツルギうざいからカビゴンの守る→大文字とか

・ヤレユータンの守る→挑発にして暇な時間を作らない

・コケコの持ち物デンキZにして守る入れてトリルターン稼げるようにする

                                   等々

 

 ギガイアスおよびカビゴンの強さは実感できた。カビゴンを腹太鼓食いしん坊型にしなかったのは腹太鼓をしたターンにカビゴンに集中されるとほとんど動けずにカビゴンが死んでしまうこととカビゴンが太鼓を積む間ヤレユータンが何もできず無駄な時間を過ごしてしまうというのが主な理由。上に書いたように守る→挑発にすれば腹太鼓食いしん坊でもいいのかもしれない。

 ちなみに7世代に入って最初に厳選したのが勇敢最遅シズクモというなんとも言えない記念を作ってくれた構築でもある

f:id:seryu199:20170128233514g:plain←上からみると結構かわいいよね

 

 その2 ペルブルルコントロール

 f:id:seryu199:20170128233751g:plain  f:id:seryu199:20170128233758g:plain  f:id:seryu199:20170128233817g:plain

f:id:seryu199:20170128233827g:plainf:id:seryu199:20170128233835g:plain  f:id:seryu199:20170128233900g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

カプ・ブルル

ウッドハンマー

ウッドホーン

ストーンエッジ

スマートホーン

拘りスカーフ

ペルシアン

イカサマ

捨てゼリフ

挑発

猫だまし

アクZ

ウインディ

火炎放射

バークアウト

鬼火

守る

食べ残し

ベトベトン

毒づき

叩き落とす

影打ち

大文字

フィラのみ

ポリゴン2

冷凍ビーム

10万ボルト

毒毒

自己再生

進化の軌跡

ウツロイド

ヘドロ爆弾

パワージェム

めざ氷

守る

命の珠

 ブルル:意地A特化S実数値120残りH

ペルシアン:臆病HS

ウインディ:穏やかHDs

ベトベトン:意地Hab

ポリゴン2:図太いHB

ウツロイド:臆病CS(ドレディアコータスメタ枠)

 

 先ほどとは打って変わってコントロール系?の構築であり、捨てゼリフのせいで最近まで封印されていた構築。ブルルをスカーフにした理由としては、ガブリアスに上から毒づきを打たれて即死するから。こちらのグラスフィールドウッドハンマーは無振りガブリアスに対して75%の高乱数1発() 何度計算してもこの値が出てきて何度も目を疑った。基本的にはべトンかペルシアンの先制技と合わせてガブリアスを落としに行く。ガブリアスを落とせばウインディベトベトンで見れない相手はほとんどいないと思う。初手ペルブルルで入り荒らす。その後ウインディベトベトンで場を整えもう一回ペルシアンが出てきてZ捨てゼリフで消耗した味方を一体全回復していく。相手の交換に合わせて捨てゼリフ→ウインディで相手の攻撃-2となった時の快感がヤバい。ロンドン大会での某氏ブルルコントロールとはまた違った形で相手に交代を要求していくのがこの構築のコンセプトである。

 

反省点

 この構築の唯一にして最大の欠点、それは...

カミツルギ重すぎワロタwwwwww

スカーフでもクサZでもチョッキでも重すぎる...

 

ブルルを使っている時点でカミツルギきついのはわかってるからカミツルギメタのウインディべトンなのになあ...といった感じ。とはいえなかなかまとまった構築ではあると思う。改善点を指摘してくれる人がいたらとてもうれしいです。

 コントロール系の構築におけるペルシアンというポケモンは非常に強く感じたので今後も考察していきたいと思った

 

 その3 コータスドレディアオドリドリ(ぱちぱち)

f:id:seryu199:20170129002756g:plainf:id:seryu199:20170129002812g:plainf:id:seryu199:20170129002928g:plain

f:id:seryu199:20170129002847g:plain f:id:seryu199:20170129002856g:plain f:id:seryu199:20170129002915g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

コータス

噴火

熱風

ソーラービーム

守る

木炭

ドレディア

リーフストーム

おさきにどうぞ

蝶の舞

守る

きあいのタスキ

オドリドリ

暴風

目覚めるダン

追い風

守る

ヒコウZ

バンバドロ

10万馬力

地震

岩雪崩

ヘビーボンバー

突撃チョッキ

ポリゴン2

冷凍ビーム

10万ボルト

トリックルーム

自己再生

進化の軌跡

カプ・テテフ

サイコキネシス

ムーンフォース

マジカルシャイン

10万ボルト

拘り眼鏡

 

 蝶の舞を踊り子してヒコウZで1体飛ばし、死に際に追い風を貼り眼鏡テテフで暴れるかポリ2トリルからコータス展開していくかのやつ。

 

反省点

・オドリドリが弱い

・全体的な種族値がひっくい

・追い風展開してもコータス、ポリ2、バンバドロのどれか1匹は恩恵を受けにくい

 

電気飛行草炎という相性補完的には完璧な構築であったがいかんせん種族値が低すぎる。ボルトロスの特性が踊り子とかだったら強いんじゃないかな() 

 種族値は正義だなあと思った瞬間だった。

 あとコータスドレディアドレディアコータスってどっちで呼ぶのが主流なんですかね?僕はコータスドレディアにしてますけど。

 

~全体的な雑感~

 つい最近になってようやく使用率ランキングが公開されました。SD初期の環境にはあまり見られなかったカミツルギの数が非常に多くそりゃウインディ1位になるわなって感じでした。最初の構築も2個目の構築もカミツルギに苦しめられていました。そのせいで最近作る構築からウインディが抜けたことがほとんどありません。ただ僕はカミツルギをうまく使いこなせる気がしません。それは環境トップのウインディが後出しで出てきた瞬間に交代を強要されてしまうからです。さらにこれから環境がカミツルギメタの方向に進んでいくでしょうからより使いづらくなるはずです。ただ同時にウインディへのメタも進んでいくのでそこら辺の均衡がどうなるかも見ていきたいです。(いうてウインディはずっと環境トップな気はしますが...)

 ウインディレヒレカミツルギコケコガブ@1みたいなのが最近の流行りなんでしょうかね。もう一段階環境が進むとエルフーンが台頭してきているとかいないとか。こうしてみているとやはり種族値なのかなぁと思ってしまいます。これらの高種族値をZ技で崩して行けたらなあと思っているところです。とはいえあまり凝ったギミックだと今度は相手のZ技にそれを破壊されてしまい真顔決める場面も出てきてしまい結局高種族値スタンみたいなのに落ち着いてしまうのかなぁとも思います。

 ただ、やはり制限ルールというのはとても楽しいですね!ポケモンが限られている分考察もしやすいと感じました。しかし、まだまだ考察はし足りないと思います。春休みを使って今使っている構築を煮詰め、新しい構築も何個か試していきたいです。さらに今年はオフにも積極的に出ていこうと思っているのでそっちのほうでも結果を出せるよう頑張っていきたいです。

 

~最後に~

 

f:id:seryu199:20170129011241p:plainf:id:seryu199:20170129011232g:plain  f:id:seryu199:20170129011241p:plain  f:id:seryu199:20170129011134g:plain   f:id:seryu199:20170129011241p:plain f:id:seryu199:20170129011232g:plain   f:id:seryu199:20170129011134g:plain      f:id:seryu199:20170129011241p:plain    f:id:seryu199:20170129011232g:plain   f:id:seryu199:20170129011241p:plain

f:id:seryu199:20170129011232g:plain  f:id:seryu199:20170129011134g:plain     f:id:seryu199:20170129011241p:plain    f:id:seryu199:20170129011134g:plain   f:id:seryu199:20170129011241p:plainf:id:seryu199:20170129011134g:plain     f:id:seryu199:20170129011241p:plain    f:id:seryu199:20170129011241p:plain    f:id:seryu199:20170129011134g:plain        f:id:seryu199:20170129011232g:plain

 

 なんかやってみたくなった()

わかる人にはわかりそう

 

                                 以上

 

 

雨クチボルト(全国ダブル) s17 最終1830 合宿内ダブル大会優勝構築

 メガクチートを使ってみたいというところから始めた構築。最初はトノルンパクレセクチートみたいな雨スイッチを考えていたのだがクレセリアに神秘の護りを持たせてもなお相手のトリル下モロバレルに辛い立ち回りを強いられた。モロバレルの隣のやつを殴りたいのに怒りの粉をされるので少なくとも1ターンを消費してからでないと隣を殴り始められない。さらにそのターンの間は相手に猶予を与えてしまうのでそこで有利対面を作られてしまいクチートを引かざるを得なくなってしまい結局トリル下でクチートを動かせないまま終わってしまうなどといったことが見受けられた。よってトリルは張らずにモロバレルは上から殴って倒すことにした。トリルを張らないクチートにはS操作が必ず必要であるのでクチートの横にはボルトロスを置くことにした。またクチートはダブルにおけるガルーラとの対面では圧倒的な強さを誇り、ボルトロスと並んでいると大抵の相手に有利が取れるポケモンである。この並びで突破しきれないポケモンとしてはヒードランウインディなどがあげられる。しかしこれは裏の雨でどうにでもなる。むしろ辛いのはスイクンミロカロスなどの高耐久の水がガルーラと並んで出てくる場合である。トノルンパの並び及びボルトクチートの並びではなかなか対処が難しく苦戦を強いられる。後ろのサザンガルドは相性補完の観点に加え、これらの高耐久水を確実に突破する手段として採用している。

 

  f:id:seryu199:20160531231304g:plain f:id:seryu199:20160531231323g:plain

f:id:seryu199:20160917225229g:plainf:id:seryu199:20160525012048g:plain

f:id:seryu199:20160917225320g:plain  f:id:seryu199:20160917225420g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

ニョロトノ

熱湯

アンコール

滅びの歌

守る

オボンのみ

ルンパッパ

熱湯

ギガドレイン

冷凍ビーム

猫騙

突撃チョッキ

サザンドラ

悪の波動

流星群

ラスターカノン

大地の力

拘り眼鏡

ギルガルド

シャドーボール

毒々

身代わり

キングシールド

食べ残し

化身ボルトロス

10万ボルト

めざ氷

電磁波

挑発

防塵ゴーグル

クチート

アイアンヘッド

岩雪崩

不意打ち

守る

クチートナイト

 以下個体解説

 

f:id:seryu199:20160531231304g:plainニョロトノ@オボンのみ 穏やかHB

 トリプルの威張る雨で使っている個体の流用。アンコールが入っているニョロトノしかもう信用できなくなってしまった。と言いつつも基本的には熱湯滅び守るしか打ちたいと思った場面がないのでなんとも言えない感は否めない。雨乞いとか冷凍ビームにしてもいいかも。最近の流行りとして眼鏡とかスカーフ持ったニョロトノが多くいるみたいだが僕は滅ぶほうが強いと思う。3-2の状況ならばどんな択よりも正確な詰めができる点、こいつ自体の火力がそこまでなく耐久が少しでもあると押し切るのが難しく、そういった身代わりなどを張って詰ませてくるような相手を逆に詰ませられる点、メレシーラッキーやデスラッキー系の構築に圧倒的有利を取れる点などの理由があげられる。ただ雨熱湯で無振りランドロス落とせるくらいのCにはしてもいいのかもしれない。

 

f:id:seryu199:20160531231323g:plainルンパッパ@突撃チョッキ 控えめ

H175 努156 ・・・16n-1

C143 努156 ・・・11n

S108 努 140 ・・・すいすい下スカーフ霊獣ランドロス抜き

残りB52D4

 調整は特にしなくても耐えたいものは耐えるし倒したいものは倒せるから無駄がなくなるように配分した。あとはダメージ計算をちょいちょいしつつダメージ感覚を身に付ける作業をした() ボルトクチートで入る試合が多かったのでこいつのパーティ内の役割としては後発でニョロトノの滅びのサポートが主であった。あとは役割対象に抜群技を打っていくだけ。特殊技なら大体の攻撃は2耐えするので特殊相手になら割と受けだしもしていった。特殊耐久高くて雨なら速くて熱湯の火力も出ておまけに猫も打てるんだからそりゃ強い。

 

f:id:seryu199:20160917225229g:plainサザンドラ@拘り眼鏡 控えめ

Cぶっぱ

S144 努204 準速霊獣ランドロス抜き

H残り

 Sラインは正直準速でもいいのだが少しでも耐久に割いて場持ちをよくしたいという気持ち程度のH振り。リザY、ヒードランナットレイギルガルドボルトロスロトムといった中速~低速のニンフィア以外のポケモンに圧力をかけていく。他の味方で倒しにくい奴らを大体葬り去ってくれる。眼鏡悪の波動の一貫は凄まじく2,3回打てればその時点でダメージレースで非常に有利に立っていることは間違いない。ラスターカノンはこの構築を回してからまだ一回も打ったことがないがニンフィアが見えても強気に選出できるという利点がある(実際そんなにニンフィアでてこない)ので必要な技であると思う。流星群もそこまで打つ技ではないが火力はアホみたいにでるので外せない。一度相手のカラマネロが馬鹿力と味方の甘えるで完全にアヘ顔になっていた時に眼鏡流星群でワンパンしたときはこっちがアヘ顔になった。大地の力はこのパーティが重めなキリキザンクチートへの打点なので外しにくい。といった感じで技構成をまとめた。

 

f:id:seryu199:20160525012048g:plainギルガルド@食べ残し 穏やかHD

 先発で出ることはまずなく終盤の詰めに使うポケモン。役割対象としてはまずガルーラとミロカロススイクン、ミトムといった高耐久水。他には相手に耐久ポケ(モロバレルクレセリアなど)がいた時に身代わりを張って相手に負担をかけていくなどの動きをする。ボルトロスクチートで並べた時に相手にガルーラがいれば基本的にガルーラは引くので最後にガルーラとギルガルドが対面できるように他を倒しきるという立ち回りをする。高耐久の水もボルトロスの圧力によりいったん引かざるを得ないので最終的にギルガルドで詰めることが可能となる。1体で2体を倒す気持ちよさはこいつかニョロトノくらいでしか味わえない。ガルーラスタンには積極的に出していきたいポケモンミロカロスなどの不意の神秘の護りには弱い。

 

f:id:seryu199:20160917225320g:plain化身ボルトロス@防塵ゴーグル 穏やかHD

 普通の穏やかボルトロス。防塵ゴーグルにしたのはニョロトノにオボンのみを取られていたのもあるがモロバレルの横にいるポケモンに正確に仕事をこなすため。確実にガルーラに麻痺入れたり、ランドロスボーマンダにめざ氷を躊躇なく打っていけたりするのはとても強い。まあダブルでは文句なしに強いポケモンであることはすでに知られているので解説の必要はあまりないと思う。今回僕は初めてボルトロスを使うことになったのだがほんま強いなこいつ()前から使っておけばよかった。

 

f:id:seryu199:20160917225420g:plainメガクチート 意地HA

 この構築のエースアタッカー。メガクチートの技構成を考えるにあたって守ると不意打ちは確定で入ってくる。そうなるとじゃれつくとアイアンヘッドと岩雪崩から二つ選択することになる。じゃれつくを切ったのは打つ対象がとても限られているため。主にアイアンヘッドでなくじゃれつくを打ちたい相手が水タイプとボーマンダくらいであるのでそれらはサザンガルドやルンパッパ、ボルトロスで処理することが可能である。よってじゃれつくではなくアイアンヘッドになった。まあアイアンヘッドにしたことによって精神衛生がとてもよい状態で戦えたのでプレイングが丁寧になったかも??

 またメガクチートのSはいろいろ考えたが非常に難しかった。抜くとしたらニンフィアなのだが現環境のニンフィアがどのくらいまでSを振っているのかというところから考えた結果、結論は出ず耐久を落としたくないのもあってHAぶっぱになった。このSならば現環境のニンフィアは必ず抜ける!というラインがあるんだったらHをSに回してもいいかもしれない。ただSに割きすぎてしまうとタイプ相性を無視してくるガルーラに突破されかねないのでそこは注意していきたい。

 こいつの立ち回りで重要なこととして威嚇をもらっても-1までなら強引に動かすということがあげられる。例えば-1アイアンヘッドで無振りメガガルーラが乱2、無振りランドロスが余裕を持って確2、-1ダブルダメ岩雪崩でH振り化身ボルトロス6~7割りなど-1程度であれば相手に削りを入れるには十分。なので相性が有利ならば(というよりもむしろこの3匹については)ガンガン殴っていくべきだと思う。特に霊獣ランドロスについては受け出しされる場面が非常に多いが無振りだと-1アイアンヘッド+-1ふいうちでそれなりの乱数で倒すことも可能であるということは覚えておきたい。

 

・選出と立ち回り

対ガルーラスタンf:id:seryu199:20160920230024p:plainf:id:seryu199:20160920230341p:plainf:id:seryu199:20160920230424p:plainf:id:seryu199:20160920230501p:plainf:id:seryu199:20160920230516p:plain@1

f:id:seryu199:20160920230341p:plainf:id:seryu199:20160920231802p:plainf:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160920231854p:plainorf:id:seryu199:20160920231925p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plainorf:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plain

 基本的に初手はボルトクチートで入る。裏の2匹は相手の@1によって決める。トノルンパになることが多いが@1がギルガルドであればサザンドラを選出したいし、スイクンミロカロスであればギルガルドを選出したいし、ニンフィアであればトノガルドで選出していきたいなどなど。初手、相手はトノルンパを警戒せざるを得ない。トノルンパが弱い相手(この場合はガルーラ)には大体クチートが強い。大体の場合相手はガルーラボルトロスで入ってくる印象がある。この対面を引くと相手としてはトノルンパを処理するのにガルーラボルトを残したいし、威嚇を撒きたいのでランドロスを投げていきたい。ただ体力満タンのボルトロスランドロスを対面させることは極力避けたいのでランドロスを出すならばボルトロスに電磁波も警戒して猫で削りを入れるか隣にモロバレルを持ってくるという立ち回りをする。そう考えるとクチートは動かしてよい。ここで打つ技は裏の2匹によって決まる。裏の2匹が倒しにくいポケモンを考慮し、クチートで削らなければならないのは誰なのかを考えて技を打つ。ここから先は相手次第なので何とも言えないが前で削り最終的に裏の2匹で詰めていく流れ。クチートの不意打ちを残しておくと滅びの詰めに使えたりもするので強い。

 

対雨f:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160920231854p:plainf:id:seryu199:20160920235912p:plainf:id:seryu199:20160920230341p:plain@2みたいなやつ

f:id:seryu199:20160920231854p:plainf:id:seryu199:20160920231802p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plainf:id:seryu199:20160920231925p:plainorf:id:seryu199:20160920230341p:plain

雨ミラーは基本的に雨は降らないと思っていいルンパクチートガルドは確定で相手にナットレイがいたらサザンドラキングドラファイアローがいたらボルトロス持っていくみたいな感じの選出する。ここでは相手に高耐久水とガルーラが並ぶことが多くギルガルドが非常に強い。周りのやつらでギルガルドが詰められないポケモンを倒しきって勝つのがいいと思われる。

 

対サナバレルf:id:seryu199:20160921000851p:plainf:id:seryu199:20160525125754p:plainf:id:seryu199:20160525130030p:plainf:id:seryu199:20160921000952p:plainf:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160920231854p:plainこんな感じのやつ

f:id:seryu199:20160920230341p:plainf:id:seryu199:20160920231802p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plainf:id:seryu199:20160920231841p:plainorf:id:seryu199:20160920231854p:plainorf:id:seryu199:20160920231925p:plain

 割と相性の良い相手であると思う。こちらもギルガルドがとても相性が良く少なくともサナバレルはギルガルド1体で倒しきることが可能。初手にはボルトクチートを持っていく。最終的にギルガルドによる詰めを目標にしているのでボルトクチートでサナバレル以外の相手を倒していきたい。もしボルトクチートとサナバレルが対面すれば相手の裏を引きずり出すことが可能となる。そこで出てきたやつを倒しきれば勝ちが確定する。

 ちなみにサナバレルと似た並びであるマリルリバレルは防塵ボルトの10万+岩雪崩で余裕。

 

 対滅びf:id:seryu199:20160921002855p:plainf:id:seryu199:20160921002933p:plainf:id:seryu199:20160921002956p:plainf:id:seryu199:20160921003035p:plainあとなんか

f:id:seryu199:20160920230341p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plainf:id:seryu199:20160920231802p:plainf:id:seryu199:20160920231925p:plainorf:id:seryu199:20160920231854p:plain

 初手ボルトガルドとズキンゲンガーで対面した場合は相手にもよるがギルガルドを倒しに来ることが多い。なのでボルトロス挑発ギルガルドキンシこれでギルガルドに集中されてたら勝ち確。ここがだめでもゴーストタイプが1体いるだけで相手としては相当きついしゲンガーのシャドボ一1回は耐えるので何とかなる。残り1体のサザンドラかルンパッパかは相手にニョロトノが入っているか否かで決めればいいと思う。

 

対エルテラf:id:seryu199:20160921003944p:plainf:id:seryu199:20160921004003p:plain

f:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160920231854p:plain@2

 初手エルフーンに猫テラキオンに熱湯。テラキオンが守ってきたら次はルンパが熱湯をテラキオン、トノがエルフーンにアンコールくらいしかないかなぁといった感じ。エルフーンのアンコールがルンパに飛んでくるとちょい辛め。

 

対バンドリf:id:seryu199:20160525125857p:plainf:id:seryu199:20160525132412p:plainf:id:seryu199:20160525125618p:plainf:id:seryu199:20160525125754p:plainf:id:seryu199:20160525131229p:plain@1

f:id:seryu199:20160920230341p:plainf:id:seryu199:20160920231802p:plainf:id:seryu199:20160920231841p:plainf:id:seryu199:20160920231854p:plainorf:id:seryu199:20160920231925p:plainorf:id:seryu199:20160525131229p:plain

 初手からバンドリ投げてくるとかいうクソヤンキー以外にはボルトクチートが安定。大体はマンダバレルとかバンギバレルとかガルドバレルとかだと思う。相手はバンギとバレルをくるくるしてくるのでそこに一貫するアイアンヘッドを打ち込むとよい。どっちかを倒してしまえば天候とれるので非常に有利。ドリュウズがいなければ相手の裏次第でサザンガルドのどちらかを出すこともある。

 

なんかもうわけわかんねってときはボルトクチートで入るのがいいと思う。とはいえさすがにミロキザンが見えた時だけトノルンパかなぁといった感じ。基本的には横の並びを厚くしたので前2体で前を削り後ろ2体を裏2体で削るという単純な流れが多い。3-2の状況にできれば滅びの勝ち筋が最も有効であることは常に頭に入れておく。前ボルトクチート裏トノルンパであることが多いので案外滅びは決まる。

 

・辛い相手

f:id:seryu199:20160921010414g:plain

 これ。こいつ。てかこいつ辛くないパーティあんのってくらい辛い。確1取れるのがサザンの大地の力しかないのでそりゃ辛い。トノルンパしかだせねえよ…ってときに堂々と出て来られていつも苦い顔しながら相手してる。強すぎ。誰かこいつに絶対勝てるポケモン教えてください。

 

f:id:seryu199:20160921012301g:plain

ぽわぐちょ。トノルンパが非常に動きにくくなる、ギルガルドクチートボルトロスが不利を取られるといった理由から非常に辛いポケモンであった。ガルーラトリトドンとか並べられたらもう無理。さすがのルンパ君も過労死。サザンルンパとか並べて何とかする。 

 

・全体の感想

 今回はあまり使ったことのないポケモンたちを使ってその強さを実感することができた。特に毒身代わりガルド。様々なポケモンを1体で詰ませていくその姿は圧巻であった。少しCが低いスイクンミロカロスあたりの熱湯やミトムの10万ボルトで身代わりが割れないといったことが何回かあり非常に驚いた。相性補完を主として組んだ構築であったが特殊5体とかいう鬼のような構築になってしまった。それでも特殊受けのいるパーティに負けなかったのはやはりギルガルドが特殊受けを封殺してくれたからなのではないかと思う。

 レートでは1650くらいから始めて1800まではほぼ無敗でいくことができた。時間があればまだ全然上が狙える構築であったように思う。さらに去年は準優勝というけっかに終わった合宿のダブル大会で優勝という結果が得られて非常に満足している。6世代最後に自分で組んだ構築でこのような結果を残せたのは割と自信がついたし7世代のアローラダブルでも頑張りたいと思う。

 

~最後に~

f:id:seryu199:20160917225420g:plain         かわいい

                 癒される

                 アド

 

 (メガクチートを使おうと思った理由…)

 

                                  以上

エルテラ雨滅び(全国ダブル) 5月定例会使用構築(ベスト8)

 今さら5月定例会かよ!って感じではあるがいろいろあってこの時期になってしまった。前々から滅びパを使ってみたいと思っていたのでそこから構築した。最初はゲンガーズルズキンゴチルゼルピッピトノルンパみたいな純正雨滅びみたいなのを使っていたのだがこうしてしまうと相手は初手から滅びに強い並びで来てしまうのでなかなか辛かった。あとニンフィアの一貫性が強すぎてどうしようもなかった。そこでパーティの変更を試みた。この時期にちょうどトリプルでエルテラを組んでいたということもありゲンガーと相性のいいエルテラを入れてみることにした。相手側からするとエルテラ、エルゲンの圧力に加え、雨、そして滅びの線も切れず、4つに対する選出を考えなければならないので相当選出に迷うはず。トリプルの威張る雨に似たものを感じる。そんな感じのコンセプト。

 

  f:id:seryu199:20160531231204g:plain  f:id:seryu199:20160531231221g:plain

 

f:id:seryu199:20160531231237g:plain   f:id:seryu199:20160531231419g:plain

  f:id:seryu199:20160531231304g:plain  f:id:seryu199:20160531231323g:plain

 

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

エルフーン

袋叩き

追い風

アンコール

日本晴れ

気合の襷

テラキオン

岩雪崩

インファイト

ファストガード

守る

ラムのみ

ゲンガー

シャドーボール

金縛り

滅びの歌

守る

ゲンガナイト

ズルズキン

はたき落とす

猫騙

ファストガード

見切り

脱出ボタン

ニョロトノ

熱湯

雨乞い

滅びの歌

守る

食べ残し

ルンパッパ

熱湯

猫騙

なげつける

守る

鋭い牙

 

以下個体解説

f:id:seryu199:20160531231204g:plain

エルフーン@気合の襷 臆病 HS252

エルテラで並べるためのエルフーン。よって技は袋叩き、追い風は確定。エルゲンで並べるエルフーンならこれに加えてアンコール、うそなき、守るあたりが入ってくるのだが今回はエルテラで並べるのでアンコールと日本晴れになった。アンコールはエルテラゲンガーズキンで選出した時に滅びの詰めで使う。日本晴れはエルテラの並びをより強くするための技。現環境非常に多い雨に対する対抗手段(本当はトリプルの流用なのでこの技になったのだがとてもはまっている)。

 

f:id:seryu199:20160531231221g:plain

テラキオン@ラムのみ 陽気 H36 A44 B172 D4 S252 

エルフーン(♂)におしりをたたかれる子(♂)。トリプルの流用個体。努力値はトリプルのエルテラでよく見られる特化ランドの地震耐え調整のいわゆるとてもつよいテラキオン。トリプルではヨプのみをもたせてランドロスに対して行動保証をとっていたが、ダブルではボルトロスのS操作やモロバレルが雪崩一発耐えて胞子といった行動をされることが多いのでラムのみにした。努力値は変える必要があるかもしれないが物理耐久はある程度ほしいし、火力これ以上いらないし、なによりダブルとトリプルやるたびに努力値変えるのめんどくさいしで結局このままにした。ギルガルドが重いのでファストガードの枠は地震でもいいかもしれない。いうてワイガ貼られるのであまり意味ない気もする。

 

f:id:seryu199:20160531231237g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病 HS252

この構築の主軸。技に関しては攻撃技のシャドーボール、滅びの歌、守るは確定で残り1枠はみがわりという選択肢もあったがズキンと並べたときにニンフィアがどうしようもなかったのとエルフーンとのシナジーも考慮して金縛りにした。こいつをいかにして生き延びさせるかで勝敗が決まる。選出率トップ。

 

f:id:seryu199:20160531231419g:plain

ズルズキン@脱出ボタン 慎重 H252 A76  B44 D116 S20

B威嚇込ファイアローのブレバ耐え

D眼鏡キングドラのドロポン耐え

Sミラー猫に勝ちたいなーくらいのイメージ

A余り

雨滅びではよくニョロトノが脱出ボタンを持つことが多いのだが今回はこいつが持っている。相手に威嚇を多く入れていきたいという考えからこうなった。威嚇+猫は滅びパにとっては神のような存在。重いギルガルドをはたき+シャドボで落とすイメージ。とはいえ正直そんなに悪技打たない。ファストガードファイアローに対して連打するのとボルトロスの挑発からゲンガーを守るため。

 

f:id:seryu199:20160531231304g:plain

ニョロトノ@食べ残し 生意気最遅HD

滅び判定に勝つために最遅。耐久調整はもう少し考えてもいいかもしれない。ほろびを決めたあと守る→耐える→守るができればいいし、隣のねこだましがあれば大抵の攻撃は一回耐えるからこれでいい気もする。天候操作、滅びの歌、さらに滅び判定という役割までこなす万能カエル。最後はこいつとルンパを並べて詰めることが多かった。雨乞いの枠が諸説。晴らさせられたらズキン投げて脱出してもう一回雨にすればいい。催眠術とかいれてみようかな。

 

f:id:seryu199:20160531231323g:plain

ルンパッパ@するどい牙 臆病 CS252

雨が切れているときでも上から猫を打てるように最速。10回選出して猫守る以外の技を打つ場面が1回あるかどうか。それくらい役割が決まり切っている。相手のトリトドンとか結構重いのでバコウのみ持たせてなげつけるをギガドレかエナジーボールまたはマンダが重いので冷凍ビームにしてもいいと思った。フラダンもあり。

 

・選出と立ち回りについて

 基本的にはエルテラが刺さるならエルテラを出し、刺さらないなら滅び。雨アタッカーが草と氷技のないルンパなので雨で戦うということはほとんどなかった。エルテラはランドロスがいた時点でなかなか辛いものがあるので7割は滅びで戦ったイメージ。滅びがうまく決まるかは正直ほとんど相手のうまさによって決まる。基本的には

初手  ゲンガー滅び ズキン猫      滅び3

2手目     ゲンガー守る ズキンバックトノ  滅び2

3手目  ゲンガバックズキン トノ守る   滅び1 ズキン脱出ゲンガー

4手目  ゲンガー守る トノバックズキン  滅び0

5手目  ゲンガー滅び ズキン猫

あと適当

という流れが理想。ズキンの脱出はトノの脱出よりは読まれにくいと思っている。脱出をズキンに持たせている弊害としてはズキンがワンパンされやすいことである。ニンフィアやマンダはその典型で2回目の滅びを決めるにあたって少し辛めの立ち回りを強いられる。ゴーストタイプももちろん辛い。ただエルテラを入れているため相手が滅びに対して薄めの選出にならざるを得ないことにより滅びがとても決めやすかった。またリザランドの並びがゲンガーズキンでは非常に辛く雨を絡めながら立ち回るしかなかった。この構築に最も必要な改善点はやはりルンパッパの技であると思う。体感ではマンダが辛かったのでバコウ持たせて冷凍ビームが最有力。トノの雨乞いも諸説。

 全体の感想としては正直相手依存のパーティなのでプレイングのうまさがそのまま

勝利につながるという印象があった。序盤相手がうまければあがくこともできず何事もなかったように負けるし、勝つときは序盤で勝ち確が決まる。そんなパーティだったように思う。そう考えると上位では結果残しにくそうだなあと思った。レートにはそんなに潜れなかったので上位を見ることすら叶わなかったが。

 6世代も終わってしまうがトリプルでは威張る雨、ダブルではこんな構築を使っていたので7世代でも滅びを絡めながらも高火力を押し付けていくパーティを作れればいいかなあと思っている。そもそもトリプルが7(ry

 

                                以上

ジャロポリゲンガー状態異常&マンダレボルト積み構築(シングル S17 最高1850くらい)

f:id:seryu199:20160905021340p:plain

 

 シングルやりこんでるわけではないのでわけのわからないことが書いてあるかもしれませんがご了承ください() 

 もともとシングルは得意じゃないのでS16までの最高レートは1700くらいしかなかった。ただ最終シーズンということもあってちょっとがんばってみるかと思い構築を組み始めた。僕は対面構築のジャンケン感が嫌いなのでマンダ軸の積み構築にした。そして壁要因として前に使ったことのあるジャローダを採用しそれに対する受け先としてポリ2を採用した。ここでジャローダとポリ2の2匹はへびにらみとでんじはによって麻痺をばら撒きやすいことからそれを利用してメガゲン締めていくことを考えた。ボルトを止めるためのレボルト、聖炎による状態異常撒きと高耐久ポケモンの強引な突破を期待してエンテイを入れた。

 

f:id:seryu199:20160525011958g:plainf:id:seryu199:20160905024951g:plain

 f:id:seryu199:20160905025116g:plain   f:id:seryu199:20160904133854g:plain

f:id:seryu199:20160905025156g:plain f:id:seryu199:20160905025209g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

ボーマンダ

恩返し

地震

竜の舞

羽休め

ボーマンダナイト

ゲンガー

祟り目

鬼火

ヘドロ爆弾

身代わり

ゲンガーナイト

ジャローダ

リーフストーム

へびにらみ

リフレクター

光の壁

光の粘土

ポリゴン2

イカサマ

冷凍ビーム

電磁波

自己再生

進化のきせき

霊獣ボルトロス

10万ボルト

めざ氷

悪巧み

高速移動

弱点保険

エンテイ

聖なる炎

ストーンエッジ

地ならし

寝言

拘り鉢巻

 

ほとんどが太古の昔に栄えていたポケモンなので個体解説は簡潔に

ボーマンダ 意地っ張りAぶっぱs陽気ガブ抜き残りH

ゲンガー 臆病CS

ジャローダ 臆病HS

ポリゴン2 図太いHB トレース

霊獣ボルトロス 控えめCぶっぱ s実数値144  残りH

エンテイ 意地っ張りAぶっぱ s実数値135  残りH

 

最後にシングルやってたのがORAS初期だったせいでこんな感じのポリゴン2使うことになっちゃったんだろうなあ. . .

 

・選出と立ち回り

 基本的にはジャローダポリ2ゲンガーの3匹。初手ジャローダから普通に殴ってくる相手には物理特殊問わず壁展開からポリ2バックするかリフストで強引に1体持っていって残り2体をポリ2ゲンガーで処理するイメージ。ガルーラ@1で展開して最後スカガブで締めるみたいな相手にはポリ2を大事にしながらゲンガーで展開していく。対バシャーモは初手はリフレクターから相手がメガor物理型だったらポリ2バックで電磁波を入れていく。オバヒ打たれたらゲンガー死に出しで身代わりを貼って展開していくといった感じ。

 ガルクレセやヘラクレセみたいな相手にはジャロマンダレボルトを選出する。例えば

相手がヘラクレセだった場合は初手ジャローダヘラ対面、ジャロリフレクターヘラミサイル針(赤ゲージで耐える)→ジャロ光の壁ヘラミサイル針ジャロ倒れる→マンダ出す→相手クレセバック→冷b読みバックレボルト弱保発動→もう一回なんか積むみたいな動きが理想形。

 さらに相手にヒードランがいる場合はマンダ、相手にナットレイクチートがいる場合はエンテイを選出していく。エンテイクチートナットレイに対面することができれば相手の交換を強制できるのでそこに高火力聖炎、あわよくば状態異常も撒けるのが非常に強いと感じた。対受けルでも大活躍してくれた。

 苦手な相手としてはミミロップと慎重ファイアローがあげられる。ミミロップは対面で受けられる相手が誰もいない。マンダの威嚇を撒きながらどこかで麻痺をいれるしかなかった。慎重ファイアローは高火力ファイアローだと思ってポリ2受けだして挑発飛んできて真顔になることが多かった。しかしこれらは立ち回りと選出でまだ何とかなると感じた。この構築の最も無理な相手はいわゆる害悪パーティである。特にオニゴーリ。ゲンガーしか対処手段がなく鬼火をいれても零度当ててくるしハゲ。音技入れたほうがよかったと感じた。

 このパーティを使う上で気を付けたことはゲンガーの状態管理である。ゲンガー死んだら負けという試合がほとんどでありCS振りの身代わり持ちだったので、この対面の時にこのくらいHPが残っていればいいというところから択を絞っていったり、麻痺ややけどが入る可能性がある場面では極力動かさないことを心掛けた。

 この構築の強かった点としては相手にほとんどの試合で麻痺が入るのでどんなに不利な状況でもワンチャンが残ることである。ポリ2ガルーラ対面で自己再生を連打している時などによく見られた。むしろ10ターンあるうちのどこかでまひを1回でも引けば余裕を持って勝ち確になるといった試合も数多くあり負け筋を消していく上でも重宝したと言える。

 

・感想

 初めてしっかりと自分で組んだにしてはまあまあまあといったところだろうか。シングルに触れる機会が久しぶりだったのもあってかこの構築をみた人からあまり見ない構築だね~wと無限に言われた。シーズン最後のほうはダブルをやらなければならずシングルに触れられなかったので2000までは頑張ってみたかったなあと思っている。とはいえ先日行われた交流会のシングル大会(30人強規模)では準優勝という結果を残せたのでそれなりに満足している。ダブルとトリプルが楽しすぎるので7世代にシングルをやるかはわからないけれどもいつかシングルに触れる機会があればその時に誰か僕にシングル環境を教えてくださいお願いします。

 

最後に

 

    7世代でもトリプル継続してくださいお願いします。

 

                                  以上

ノオーポリ2軸霰トリパ (シンオウダービー) 最終1757

f:id:seryu199:20160904132750p:plain

 

 今さら感しかないシンオウダービーの記事だがしょうがない。当初の予定ではシンオウダービーが合宿のエキシビジョンマッチになると思っていたので公開しないでとっておいた。が、エキシビでシンオウダービーをやらいとのことなのでこのわけのわからないタイミングで投稿することになってしまった。

 

 まずこのルールで流行るだろうと思ったのは雨パでそれに対するメタを張ろうということでノオー軸トリパから構築を組み始めた。ノオーポリ2の並びだけでは炎タイプとハッサムにやられてしまうので裏ではそれらに対抗できる駒を用意した。

 

 f:id:seryu199:20160904133854g:plain f:id:seryu199:20160904133957g:plain

f:id:seryu199:20160904134014g:plain f:id:seryu199:20160904134059g:plain

 f:id:seryu199:20160904134356g:plain f:id:seryu199:20160904134448g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

ポリゴン2

やつあたり

イカサマ

自己再生

トリックルーム

しんかのきせき

ユキノオー

ふぶき 

ギガドレイン

氷の礫

守る

気合の襷

マリルリ

じゃれつく

アクアジェット

腹太鼓

守る

オボンのみ

トゲキッス

エアスラッシュ

この指とまれ

神秘の護り

羽休め

ラムのみ

ハッサム

バレットパンチ

叩き落す

剣の舞

羽休め          

命の珠

ドサイドン

地震

岩雪崩

ロックブラスト

冷凍パンチ

突撃チョッキ

 

以下個体解説

 

f:id:seryu199:20160904133854g:plain ポリゴン2@きせき DL 慎重HD

 鬼の慎重ポリ2。DLでAが上がればトノルンパを両方確2にできたりする。イカサマは剣舞積んだハッサムメタグロスにブチ込む。やつあたりがダメージレースを優位にしてくれた。とても強かった。

 

f:id:seryu199:20160904133957g:plain ユキノオー@襷 冷静HC

 いたって普通のユキノオー。前にいる敵にダメージを与えていくだけの簡単なポケモン

 

f:id:seryu199:20160904134014g:plain マリルリ@オボンのみ 意地っ張りHAs

 太鼓する用のマリルリ。隣のトゲキッスドサイドンのサポートを受けて太鼓を積み相手を詰める。前との相性補完が完璧なのでよかった。ドサイドンと並べてる時にノータイムでマリルリ方向に10万ボルト打ってきたあのジバコイルほんま許してないからな!!!

 

f:id:seryu199:20160904134059g:plain トゲキッス@ラム 穏やかHD

 マリルリハッサムが積むための補助とドーブル対策のラム神秘。羽休めしながらこのゆびしてるだけでとても強かった。予想よりはドーブルの数が少なく鬼火や胞子を警戒するための神秘の護りになっていたがそれはそれで強かった。

  

f:id:seryu199:20160904134356g:plain ハッサム@命の珠 意地っ張りHA

 剣舞珠バレパンで相手を縛っていく。虫技を切っているのは虫技を打つであろう相手(例えばクレセリアなど)に対して叩き落とすで十分であるから。そもそも虫技が通る相手はハッサムの前で突っ張らない。また、このルールに総じて言えることだが叩き落とすの一貫が非常に強くとても扱いやすかった。

 

f:id:seryu199:20160904134448g:plain ドサイドン@突撃チョッキ 避雷針 意地っ張りHA

 マリルリの補助とマリキッスが苦手な電気タイプやノオーポリ2の苦手な炎タイプの補完。ただ雨パなどにはどうしても出しづらくあまり選出機会がなかった。とはいえ選出されたときは下から高火力雪崩and吹雪を打ち込めたのでそれなりの活躍はしてくれた。

 

・選出と立ち回り

 基本的には

f:id:seryu199:20160904214302p:plainf:id:seryu199:20160904214145p:plainf:id:seryu199:20160904214326p:plain f:id:seryu199:20160904214218p:plainorf:id:seryu199:20160904214125p:plain

              +f:id:seryu199:20160904214354p:plain f:id:seryu199:20160904214218p:plain

ノオーポリ2でトリル展開に持ち込み前を削った後マリルリハッサムが積んで相手を詰めるという流れが一番多かった。ポリ2を物理技+イカサマにしたことで腐りづらく確実に相手を処理できたので最後のマリルリでの詰めが非常にやりやすかった。猫だまし持ちがいないので初手からトリル展開ができないことが多かったが1ターンの猶予を相手に与えたとしてもそのあとの制圧力が高く問題なかったと思う。

 

・感想

 パーティー全体としてウインディの一貫が非常に強く重かった。マニューラウインディで叩きインファをポリ2に集中されて落とされて真顔になる事案が割とあった。ドサイドンの枠をウインディに強い枠にできればよかったのかなあと思った。他に辛かった相手としては耐久高めのサンダーが挙げられる。熱風と10万ボルトでノオーとキッスとマリルリがやられてしまう上に素のじゃれつくでも受けきられてしまうのがとても辛かった。サンダーの入っているパーティーには当然ドサイドン対策の駒が用意されていてドサイドンが出しづらく、結局このゆびでキッスを犠牲にしながら太鼓積んでという流れでしか処理できなかったのでそこはもう少し考えておくべきだったと思った。ハッサムに対しては予想通りポリ2のイカサマが非常に通っておりうまく処理できていたと思う。対策を貼っていた相手に対しては結構有利に立ち回れていたのでよかった。しかしやはり、ウインディを軽く見すぎていたのがレートが伸びなかった最大の原因であったように思う。初めてしっかり考察して臨んだ公式大会だったのでまあこんなもんなのかなといった感じではあるがもう少し詰める余地はあったのではないかと少し後悔の残る大会であった。

 

~最後に~

 テスト期間ど真ん中にこんなおもしろい大会開かないでくれ公式イイイイイィィィィィィィ!!!!!!単位が飛ぶんじゃああああああァァァァ!!!!

 

この大会とポケモンGOのせいで僕の単位は大変なことになりました。

                                

                                 以上

 

 

 

 

エルテラドー イッシュファイナルver. イッシュファイナル最高1802

f:id:seryu199:20160830020820p:plain

  f:id:seryu199:20160531231204g:plain f:id:seryu199:20160531231221g:plain f:id:seryu199:20160830001900g:plain

f:id:seryu199:20160830002332g:plain f:id:seryu199:20160830002434g:plain f:id:seryu199:20160525012157g:plain

 トリプルの公式大会ということで当初の予定は夏休み中にしっかりと構築考えて臨むつもりだったのだが夏の機運続きでその時間がなく、とりあえず組んで潜るかーってなかんじで作ったパーティー。

 エルテラドーリザYガルドランドの並びのうち4匹使えるじゃん!ということからスタート。リザY→高火力炎→まあドランかな。としたところでトリルされた後の噴火ドランがどうしようもないことに気付く。トリル下で強いポケといえばモロバレルなんだけど噴火ドランて防塵ゴーグル絶対多いよなあ。下からなぐれないかなぁって感じでできたのがこのパーティー。

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

エルフーン

袋叩き

追い風

アンコール

日本晴れ

オッカのみ

テラキオン

岩雪崩

インファイト

ファストガード

守る

ヨプのみ

ドーブル

ダークホール

猫騙

ファストガード

よこどり

気合の襷

ヒードラン

熱風

大地の力

めざパ氷

まもる

シュカのみ

ランドロス

地震

岩雪崩

蜻蛉返り

馬鹿力

突撃チョッキ

モロバレル

ギガドレイン

キノコの胞子

怒りの粉

お先にどうぞ

ゴツゴツメット

 

以下個別解説

エルフーン@オッカのみ 

流用個体その1。飛行技が飛んでこないと思ったのでオッカにした。思ったより発動したと思う。@1技は日本晴れを選択。雨は一定数いるだろうというのとヒードランの熱風を強化する役割。袋叩きで襷をつぶすプレイングとアンコールで相手を詰めるプレイングすこ。

 

テラキオン@ヨプのみ

とてもつよいテラキオン。流用個体その2。

 

ドーブル@気合の襷

流用個体その3。どの技も強すぎ。

 

ヒードラン@シュカ

はるか昔5世代シングルで使っていたC特化Sニトチャ後ガブ抜き調整残りHとかいう謎の調整がなされたヒードラン。ここの配分くらいはなんとか考えればよかったなあと思う。追い風からガブランドあたりにめざ氷うってシコろうとか思って入れてみたもののなかなか打てなかった。晴れ熱風はやっぱ強いなあって思った。シュカのおかげで勝った試合何試合もあったから持ち物はこれでよかった。

 

ランドロス@チョッキ

いつもはスカーフで使っていたがトリルに器用に立ち回りたかったのでチョッキ。ギルガルドがいないのとトリルをはられるタイミングでモロバレルにバックできたらいいなあと思いはたきではなく蜻蛉を採用した。

 

モロバレル@ゴツメ

なんと守らないモロバレル。おさきにどうぞ入れたら枠なくなった。s13にて一世を風靡した鉄球ギルガルドのお先にどうぞからヒントを得た。こいつのおかげで本来エルテラが苦手であるトリパに対してほとんど負けなかった。ただモロバレル同士の同速ゲーに負けると普通に胞子がアタッカーに通ってしまうので間違いなく持ち物を鉄球にすべきだったと思った。

 

・立ち回り

 基本的にはエルテラドーの初手から前削って裏の三匹で締めるといういつものやつ。ただ裏の火力がいつもよりもないので相手の裏をみて必要なポケモンを温存していく立ち回りを心掛けた。トリパに対してはエルテラドーの入りから初手叩き雪崩猫orファスガなどでトリル要員以外の2匹を倒して相手のアタッカーが出てきたら守りながら安全にモロバレルを出していきおさきにどうぞ雪崩を決めていく。そこで相手のトリルエース削れたらもう勝ち。トリパ相手は全部で2敗くらいしかしてないと思う。

 

・全体的な感想

 エルテラ、トリパ、雨が多かった印象。対エルテラは正直プレイングのうまさがそのまま勝敗になる感じ。対トリパは立ち回りで書いた通り。そして対雨で最も負けを積み重ねてしまった。初手から晴れさせられないの辛すぎ。リザYが恋しかった。1800乗ってからは雨を3連続で引いて3連敗して僕のイッシュファイナルは終わりを告げた。きょむ。でもトリル下でドヤ顔で真ん中に居座ってきた噴火ドランとかユキノオーとかにドヤ顔で「お先にどうぞ岩雪崩アンコールですどうぞ!」って画面に向かって叫ぶのはシコリティがとても高くてよかった。どぴゅ。f:id:seryu199:20160525125754p:plain

 1800乗せたところで終わっておけばよかったなぁと思った。とはいえ即席でここまでこれたしまあいいかなといった感じ。結果的にはとても楽しい大会だった。以上。