読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらまんす日記

ポケモンダブルトリプルポケとるなど

ジャロポリゲンガー状態異常&マンダレボルト積み構築(シングル S17 最高1850くらい)

f:id:seryu199:20160905021340p:plain

 

 シングルやりこんでるわけではないのでわけのわからないことが書いてあるかもしれませんがご了承ください() 

 もともとシングルは得意じゃないのでS16までの最高レートは1700くらいしかなかった。ただ最終シーズンということもあってちょっとがんばってみるかと思い構築を組み始めた。僕は対面構築のジャンケン感が嫌いなのでマンダ軸の積み構築にした。そして壁要因として前に使ったことのあるジャローダを採用しそれに対する受け先としてポリ2を採用した。ここでジャローダとポリ2の2匹はへびにらみとでんじはによって麻痺をばら撒きやすいことからそれを利用してメガゲン締めていくことを考えた。ボルトを止めるためのレボルト、聖炎による状態異常撒きと高耐久ポケモンの強引な突破を期待してエンテイを入れた。

 

f:id:seryu199:20160525011958g:plainf:id:seryu199:20160905024951g:plain

 f:id:seryu199:20160905025116g:plain   f:id:seryu199:20160904133854g:plain

f:id:seryu199:20160905025156g:plain f:id:seryu199:20160905025209g:plain

ポケモン

技1

技2 

技3

技4

持ち物

ボーマンダ

恩返し

地震

竜の舞

羽休め

ボーマンダナイト

ゲンガー

祟り目

鬼火

ヘドロ爆弾

身代わり

ゲンガーナイト

ジャローダ

リーフストーム

へびにらみ

リフレクター

光の壁

光の粘土

ポリゴン2

イカサマ

冷凍ビーム

電磁波

自己再生

進化のきせき

霊獣ボルトロス

10万ボルト

めざ氷

悪巧み

高速移動

弱点保険

エンテイ

聖なる炎

ストーンエッジ

地ならし

寝言

拘り鉢巻

 

ほとんどが太古の昔に栄えていたポケモンなので個体解説は簡潔に

ボーマンダ 意地っ張りAぶっぱs陽気ガブ抜き残りH

ゲンガー 臆病CS

ジャローダ 臆病HS

ポリゴン2 図太いHB トレース

霊獣ボルトロス 控えめCぶっぱ s実数値144  残りH

エンテイ 意地っ張りAぶっぱ s実数値135  残りH

 

最後にシングルやってたのがORAS初期だったせいでこんな感じのポリゴン2使うことになっちゃったんだろうなあ. . .

 

・選出と立ち回り

 基本的にはジャローダポリ2ゲンガーの3匹。初手ジャローダから普通に殴ってくる相手には物理特殊問わず壁展開からポリ2バックするかリフストで強引に1体持っていって残り2体をポリ2ゲンガーで処理するイメージ。ガルーラ@1で展開して最後スカガブで締めるみたいな相手にはポリ2を大事にしながらゲンガーで展開していく。対バシャーモは初手はリフレクターから相手がメガor物理型だったらポリ2バックで電磁波を入れていく。オバヒ打たれたらゲンガー死に出しで身代わりを貼って展開していくといった感じ。

 ガルクレセやヘラクレセみたいな相手にはジャロマンダレボルトを選出する。例えば

相手がヘラクレセだった場合は初手ジャローダヘラ対面、ジャロリフレクターヘラミサイル針(赤ゲージで耐える)→ジャロ光の壁ヘラミサイル針ジャロ倒れる→マンダ出す→相手クレセバック→冷b読みバックレボルト弱保発動→もう一回なんか積むみたいな動きが理想形。

 さらに相手にヒードランがいる場合はマンダ、相手にナットレイクチートがいる場合はエンテイを選出していく。エンテイクチートナットレイに対面することができれば相手の交換を強制できるのでそこに高火力聖炎、あわよくば状態異常も撒けるのが非常に強いと感じた。対受けルでも大活躍してくれた。

 苦手な相手としてはミミロップと慎重ファイアローがあげられる。ミミロップは対面で受けられる相手が誰もいない。マンダの威嚇を撒きながらどこかで麻痺をいれるしかなかった。慎重ファイアローは高火力ファイアローだと思ってポリ2受けだして挑発飛んできて真顔になることが多かった。しかしこれらは立ち回りと選出でまだ何とかなると感じた。この構築の最も無理な相手はいわゆる害悪パーティである。特にオニゴーリ。ゲンガーしか対処手段がなく鬼火をいれても零度当ててくるしハゲ。音技入れたほうがよかったと感じた。

 このパーティを使う上で気を付けたことはゲンガーの状態管理である。ゲンガー死んだら負けという試合がほとんどでありCS振りの身代わり持ちだったので、この対面の時にこのくらいHPが残っていればいいというところから択を絞っていったり、麻痺ややけどが入る可能性がある場面では極力動かさないことを心掛けた。

 この構築の強かった点としては相手にほとんどの試合で麻痺が入るのでどんなに不利な状況でもワンチャンが残ることである。ポリ2ガルーラ対面で自己再生を連打している時などによく見られた。むしろ10ターンあるうちのどこかでまひを1回でも引けば余裕を持って勝ち確になるといった試合も数多くあり負け筋を消していく上でも重宝したと言える。

 

・感想

 初めてしっかりと自分で組んだにしてはまあまあまあといったところだろうか。シングルに触れる機会が久しぶりだったのもあってかこの構築をみた人からあまり見ない構築だね~wと無限に言われた。シーズン最後のほうはダブルをやらなければならずシングルに触れられなかったので2000までは頑張ってみたかったなあと思っている。とはいえ先日行われた交流会のシングル大会(30人強規模)では準優勝という結果を残せたのでそれなりに満足している。ダブルとトリプルが楽しすぎるので7世代にシングルをやるかはわからないけれどもいつかシングルに触れる機会があればその時に誰か僕にシングル環境を教えてくださいお願いします。

 

最後に

 

    7世代でもトリプル継続してくださいお願いします。

 

                                  以上